DOLL'S SIDE STORY

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁生: 「 ねーねー、プロレスごっこしよーよーo(・∀・`o) 」
泉莉: 「 今日の朝稽古、キツかったから俺はいーや」
 竜: 「 めんどくせぇ・・」

s1.jpg


暁生: 「ねーってばε=(*ノ´Д`)ノ゚」
泉莉: 「つか、重いんだけど。」
暁生: 「だからあ、プロレスごっこ!! えっ!?」


s2.jpg


暁生: 「うわあ!! 」


s3.jpg


暁生: 「いったあー

 竜: 「・・・投げるかフツー」
泉莉: 「いやなんとなく」
 竜: 「おい大丈夫かよ?」

s4.jpg


暁生: 「あっ!いいこと思いついた!ちょっと耳かして!!」

s5.jpg

泉莉: 「ひっぱんなよ
 竜: 「暁生って、意外とタフだな」




友情出演:
 暁生くん(POP☆STAR)
スポンサーサイト


2_20110828204512.jpg

紫稀 : 「それでね。今度行くことに・・ってうーみん、なに?」
双海 : 「んー?」


3_20110828204512.jpg

双海 : 「あ! ねー、シキ。ちょっと立って♪」
紫稀 : 「いいけどなに?」


4_20110828204511.jpg

双海 : 「えへへ(*'▽'*)」

紫稀 : Σ( ̄口 ̄*)


5_20110828204511.jpg


双海 : 「いたぁっ!!」





友情出演:
-ROSE HOLIC-
 紫稀くん(MSD20番)

-------------------------------------------------------------------------------------
この間、紫稀たんがうちにお泊まりに来た時の出来事でした(笑)
うーみんが、あまりにも、紫稀たんのお洋服を見てるので(^^;)

樹茄: 「しろうささ、りっくんは?」
白兎: 「りっくん? えーっとねー、あっちにいるよ」


8.jpg


樹茄: 「あっち?ありがとなのー」
白兎: 「あ、きっかくん!
     あー、いっちゃった。りっくんにないしょっていわれてたんだけど。ま、いいか」

7.jpg


            □   □


樹茄 :「なんだか、りっくんのほうから、おいしいにおいがするの」


9.jpg




   樹茄 :「りっくーん!」
ちびりっくん:「あれ?樹茄くん!?」
        (白兎だな。ボクが樹茄くんにおしえようとおもってたのに・・)

3.jpg


    樹茄 :「りっくん、すごいの! くぅにぃのごほんにでてくるおうちなの!!」
ちびりっくん :「いいだろ、ボクのおうちだよ」


5.jpg


    樹茄 :「えーっ、きっかも!」
ちびりっくん :「樹茄くんならトクベツにはいっていいよ」
    樹茄 :「ありがとなの~」


2_20110127233450.jpg




        □     □


1.jpg


    樹茄 :「りっくん、おかしたべないの?」
ちびりっくん :「うん、ネコさんまってるんだ」
    樹茄 :「?」


4.jpg


ちびりっくん :「こうやってると、ネコさんがくるんだよ。あと、ほかのどうぶつも」
    樹茄 :「きっか、とりさんにあいたいの」
ちびりっくん :「とりさんかー。 みかけないけど、樹茄くんがよんだらくるかもね」



樹茄 :「とりさん、きてくださーい!」

6.jpg





<おまけ>

    白兎 :「・・・ねえ、りっくん。手どけてよ」
ちびりっくん :「白兎にはあげない」

10.jpg



友情出演:
SEASON'S CALL
ちびりっくん(幼SDパフ)
白兎(幼SD ホワイトラビット)
紅羽 : 「 姉さまからのおみやげ、なにが入ってるのかな? 」
樹茄 : 「 くぅにぃぃぃ、あのねー 」


ma1.jpg


樹茄 : 「 ! 」


m2.jpg


紅羽 : 「 樹茄、開ける? 」
樹茄 : 「 うん、あけゆー 」
紅羽 : 「 あ、マカロン 」

st3_20101215224336.jpg


樹茄 : 「 きっかねー、まかろん、すきなの 」
紅羽 : 「じゃあ、樹茄にもあげるね。
      でも、ご飯たべられなくなると困るから、一個だけね」


st4_20101215224336.jpg


樹茄 : 「 んとねー、きっか、あかいのもすきなの。でも、きいろいのもすきなの・・ 」

ma5.jpg


紅羽 : ( なんか、すっごく真剣なんだけど・・・飽きちゃったな。。 )


st2_20101215224315.jpg



慧斗: 「おかえり」
華乃: 「ただいま、慧斗」

1

慧斗: 「向こうの空港まで迎えに行けなくて、ごめん」
華乃: 「いいの。今回は、ほら、私だけが呼ばれたんだし。 それに
     サーヴァントのエイオスに空港まで送ってもらったから、慧斗が
     来ていたら、また、延々と説得しないと行けなくなるところだったわ」
慧斗: 「それは・・・困る」
華乃: 「悪い人じゃないんだけど・・・」
彩希: 「華乃~♪」
華乃: 「彩希?」

2

彩希: 「おかえり♪」
華乃: 「ちょっ、彩希! 重いからっ!」

3

華乃: 「彩希!聞いてる?」
慧斗: 「彩!」
華乃: 「もー、『ザキ』って呼ぶわよ!」
彩希: 「なんだよ、華乃。 慧斗とだけ、『ぎゅー』ってするのか?」
華乃: 「そうよ」

4

彩希: 「ふーん・・・」

7



                  □□



華乃: 「いつのまにか見かけなくなったと思ったら、こっちに来てたのね」
慧斗: 「年明けてすぐくらいからかな、いきなり来て驚いたよ」

5

華乃: 「いきなりじゃない彩希なんて、彩希じゃないわ。
      直球でしゃべるのは、相変わらずだし」

6



                   □□



紅羽: 「彩希さん?」

8

彩希: 「ちっせえ…」
紅羽: 「は?」
樹茄: 「!?」

9

樹茄: 「くぅにぃぃ!きっかも!!」

10





-----------------------------------
※一部の写真を旧前田侯爵邸にて許可を得て、撮影しています。
 通常は撮影できませんのでご注意ください。

Copyright © まりの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。